ホームページ・ロゴ・名刺の3点セットが全てコミコミ!
menu close

いまだにmeta keywordsを設定したがるクライアント

 2018.11.24
 MASAKI

久しぶりのWEBログになります。

 

効果が無いのに、meta keywordsを設定したがるお客様、

『効果が無い』と説明できない仲介のWEBディレクター、

『meta keywordsを設定する意味があるのか?』とWEBディレクターに言う私。

 

基本、オックスクリエイティブは県内・本土のWEB制作会社と業務委託契約させて頂ております。

 

なので本土のお客様のWEB制作が多いのですが、

いまだに古いseoを実行されている方がチラホラいらっしゃいました。

WEB制作の仕事していないお客様からすれば、以前から実行してきたseo対策を継続しているだけなので、特に疑問はありません。

ですが、ホームページをリニューアルしたいと来たお客様に、何も言わず古いseo対策も指摘せず、流れ作業で仕事を取るWEBディレクターが居ます。

 

なので今回はSEOに効果が無いとされるmeta keywordsについて記事を書いてみようと思います。

meta keyword(メタキーワード)について、『これからホームページを自作する人』・『ホームページ制作依頼を考えている企業』の方々へ少しでも認識してもらえればと嬉しく思います。

 

結論から言うと、2018年現在meta keywords(メタキーワード)を記述してもSEOに効果が無いと言われてます。

meta keywordsが必要ない理由を解説したいと思います。

 

 

効果が無いと言われているのは、なぜでしょうか?

これは非常に単純な話です。Google側が『サポートされないメタタグは無視します』だそうです。

サポートしていないんです。 (使っていない)

google公式ブログ : https://webmasters.googleblog.com/2009/09/google-does-not-use-keywords-meta-tag.html

 

 

YahooやBingは?

Bimgもmeta keywordsを使っていない。

Bing公式ブログ : https://blogs.bing.com/webmaster/2014/10/03/blame-the-meta-keyword-tag/

 

YahooもGoogleの検索技術を使用しているので、必要無いかと思います。

公式ブログでの明記はありません。

ですが、Googleのアルゴリズムを採用しているとなると、

自然とmeta keywordsを使用する必要が無いと判断してもおかしくないと思います。

 

 

結果

個人的な意見からすれば言えば、記述する必要が無いと言う事です。

これから先、仮にmeta keywords(メタキーワード)が採用された場合は、記述すれば良いと思います。

 

現状、必要ない事をやる意味はまったく無いのですよね。

”必要な物を、必要な時に” みたいな感じで。

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 

icon
MASAKI
フォトスタジオで約5年ほど写真の合成や自社広告制作を担当。その後はホームページ制作の学校に通い、HTMLの資格とイラストレーターの資格を取得。学校を卒業後、WEB制作会社に就職し大手クライアント様の案件を経験。そして個人事業主として独立。趣味は映画鑑賞・カー クルージング・バスケットボール・アメリカンカルチャーや洋楽が大好きです。